PRODUCTS INFORMATIONミニチュアボールねじスプライン(BSSP)

ミニチュアボールねじスプライン(BSSP)PRODUCTS

ボールねじメーカーとボールスプラインメーカーによるハイブリット、コンパクト、軽量化を追求したコラボ商品

特徴

  • 1つの製品で直動(Z)、回転(Θ)、吸着が可能な複合商品
  • 小径ボールねじと小径ポールスプラインのオーバーラップによる究極のコンパクト化を実現
  • Pick&Placeやマウンターなどのコンパクト、軽量化に最適

セパレートタイプ

ボールねじとボールスプラインを同一軸上に加工した複合製品です。

オーバーラップタイプ

ボールねじとボールスプラインを同一箇所に設けるとコンパクトかつ長ストローク化が可能となります。

使用例

ベルト駆動

  • モータに連結したボールねじナットを回転させると、ボールスプラインナットが回り止め機構となりねじ軸が直動(上下)します。
  • モータに連結したボールスプラインナットを回転させるとトルクがねじ軸に伝達され、 ねじ軸が回転します。
  • ねじ軸に設けられた中空穴を利用して 正圧、負圧を供給できます。

中空モータ駆動

  • モータに連結したボールねじナットを回転させると、ボールスプラインナットが回り止め機構となりねじ軸が直動(上下)します。
  • モータに連結したボールスプラインナットを回転させるとトルクがねじ軸に伝達され、 ねじ軸が回転します。
  • ねじ軸に設けられた中空穴を利用して 正圧、負圧を供給できます。

適用例

BSSPセパレートタイプ

セパレートタイプを適用することで省スペースを実現しています。マウンターなどのアプリケーションに最適です。

BSSPオーバーラップタイプ

オーバーラップタイプを適用することで、長ストロークを確保し、かつコンパクト設計を実現しています。小型スカラロボットの先端部ユニットなどに最適です。

シリーズ化予定サイズ

BSSPタイプ ボールスプライン軸径 ボールねじ軸径 リード(mm) 中空穴

セパレートタイプ

φ6 φ6 2, 6, 10 ※注記
φ8 φ8 2, 4, 12 ※注記

オーバーラップタイプ

φ6 φ6 6, 10 ※注記
φ8 φ8 12 ※注記

※注記:詳細寸法、中空径などについては、当社までご照会ください。

精度等級とすきま

ミニチュアボールねじスプライン(BSSP)の精度等級とすきま(軸方向すきま、半径方向すきま)は以下の表に示すとおりです。
タイプ 部位 CS(最大) C5(最大)
セパレートタイプ ボールねじ(軸方向すきま) 0or0.005 0.005
ボールスプライン(半径方向すきま) 0
オーバーラップタイプ ボールねじ(軸方向すきま) 0.005
ボールスプライン(半径方向すきま) 0.002

単位(mm)

ボールねじスプラインの取付部精度

ミニチュアボールねじスプライン(BSSP)の取付け部精度は、JISB-1192(ボールねじ)、JISB-1193(ボールスプライン)に準拠しており、以下の表記方法と規格で製作しています。

ねじ軸の軸線に対するナット外周面の半径方向円周振れ 単位(μm)

ナット外径
(mm)
振れ公差(最大)
を越え 以下 ボールねじナット ボール
スプラインナット
C3 C5
20 9 12 11
20 32 10 12


ねじ軸の軸線に対するボールねじナット基準端面又はフランジ取付け面の直角度 単位(μm)

ナット外径(mm) 直角度公差(最大)
を超え 以下 ボールねじナット
C3 C5
20 8 10
20 32 8 10


ねじ軸軸線の半径方向全振れ 単位(μm)

ねじ軸全長(mm) 振れ公差(最大)
を超え 以下 C3 C5
125 25 35
125 200 35 50
200 315 50 65

ボールねじ部のリード精度

ボールねじのリード精度は、ねじ部有効長さに対する代表移動量誤差及び変動で規定します。精度等級別の許容値を表4に示します。

ボールねじの代表移動量誤差と変動の許容値 単位(μm)

精度等級 C3 C5
ねじ部有効長さ
(mm)
を超え 以下 ±ep Vu ±ep Vu
100 8 8 18 18
100 200 10 8 20 18
200 315 12 8 23 18

材質と熱処理、硬さ

ミニチュアボールねじスプライン(BSSP)の標準材質、熱処理と硬さは、表5に示すとおりです。なお、軸、ナットの形状により多少異なる場合がありますので、詳細は弊社提示の仕様図を参照ください。

通常品の材質と熱処理、硬さ

  材質 熱処理 表面硬度
ねじ軸 中実軸 SCM415 浸炭焼入 HRC 58-62
中空軸 SUJ2 高周波焼入れ
ナット SCM415 浸炭焼入 HRC 58-62

潤滑

ボールねじスプライン(BSSP)のご使用に際しては、必ず潤滑剤の供給が必要です。潤滑剤が供給されない場合は、トルク増大や早期寿命等の問題が発生します。

潤滑剤の供給により、摩擦による温度上昇、機械効率の低下、摩耗による精度の低下を抑えることができます。BSSPの潤滑について、グリース潤滑の場合、通常リチウム石けん基系グリース、油潤滑の場合には、ISOVG32~68(タービン油)を推奨いたします。

ボールねじスプライン(BSSP)では、ご指定のない場合、防錆油を塗布して納入いたします。

なお防錆油は潤滑機能がありませんので、ご使用に際しては別途潤滑剤を供給してください。

一般使用条件における潤滑剤例

潤滑剤 種類 商品名
グリース リチウム系グリース KSSオリジナルグリースMSG No.2
潤滑油 摺動面油又はタービン油 スーパーマルチ68

スプラインナットの取付け

ボールスプラインナットの取付けは、ナット外周部に設けたピン穴、及び接着剤を利用して行います。 ピン穴をご利用の場合は、スプラインナットに負荷がかからないようにご注意ください。

ボールねじナットの取付け

ボールねじナットをナット回転でご使用の際、ナットにブラケットを介して軸受を取り付ける方法や、ナット外径に直接軸受を組み込む方法があります。

お客様の取付けのご要望に合わせて、ボールねじナットの設計を変更することが可能ですので、詳細は弊社までお問い合わせください。

呼び番号の構成

セパレートタイプ

オーバーラップタイプ

①シリーズ記号 BSSP ; ボールねじスプライン
②ねじ軸呼び外径(mm)
③リード(mm)
④スプライン軸径(mm)
⑤ボールねじ部有効長さ(mm)
⑥ボールねじ / ボールスプライン有効長さ(mm)
⑦ボールねじ巻方向  R ; 右ねじ、L ; 左ねじ
⑧ボールスプライン部有効長さ(mm)
⑨ボールスプライン部記号
⑩ねじ軸全長(mm)
⑪精度等級
⑫軸形状 無印 :中実軸、T;中空軸

セパレートタイプ仕様

ナット形番 ねじ軸
呼び外径
ボールねじ部
リード 基本定格荷重
(参考値)
ナット寸法
Ca

N
C0a

N
ナット
タイプ
ナット
質量
D Df L L1 F W Dp 取付穴
X
BPPS 0602/06 6 2 (750) (1200) 1 25 15 29 17 13 4 17 23 3.4
BPPS 0606/06 6 (870) (1450) 2 20 14 27 17 8 4 16 21 3.4
BSSP 0610/06 10 (950) (1600) 2 20 14 27 23 11.5 4 16 21 3.4
BSSP 0802/08(1) 8 2 (850) (1600) 1 25 16 30 17 13 4 18 24 3.4
BSSP 0802/08(2) 2 (2400) (4000) 1 60 20 38 24 19 5 22 30 4.5
BSSP 0802/08(3) 2 (1300) (2300) 3 25 15 28 18 14 4 17 22 3.4
BSSP 0804/08 4 (2600) (4200) 1 75 21 39 28 23 5 23 31 4.5
BSSP 0812/08 12 (2200) (4000) 2 40 18 31 27 17 4 20 25 3.4
ナット形番 ねじ軸
イナーシャ

kgm²/mm
中空穴 ボールスプライン部
ナット寸法 許容
モーメント
(参考値)
基本定格
トルク
(参考値)
基本定格
荷重
(参考値)
ピン穴 長さ
Ls
外径
Ds
ナット
質量g
Ds
C0t

Nm
Ct

Nm
Cor

N
Cr

N
t b
BSSP 0602/06 9.99×10-10 2 1.2 1.5 27 12 14 (3.0) (1.6) (2.2) (1400) (860)
BSSP 0606/06
BSSP 0610/06
BSSP 0802/08(1) 31.6×10-10 3 1.5 2.0 30 15 22 (4.1) (3.1) (4.1) (1900) (1200)
BSSP 0802/08(2)
BSSP 0802/08(3)
BSSP 0804/08
BSSP 0812/08

中空穴はオプションです。ねじ軸の長さによっては適用できない場合があります。
特殊なナット形状をご要望の場合は、弊社までご照会ください。
基本定格荷重、基本定格トルク、許容モーメントは、有効負荷ボール個数から算出した理論値です。
使用条件により大きく変動しますので、ひとつの目安としてご利用ください。
本製品は、ラジアル荷重を受けるボールスプラインとアキシアル荷重を受けるボールねじの複合商品であるため、 理論的な寿命予測は困難です。実機でのご評価、あるいは、弊社での実験データを基に、使用可否を判断することをお勧めいたします。

オーバーラップタイプ仕様

ナット形番 ねじ軸
呼び外径
ボールねじ部
リード 基本定格荷重
(参考値)
ナット寸法
Ca
N
C0a
N
ナットタイプ ナット質量
g
D Df L L1 F W Dp 取付穴
X
BSSP 0606 6 6 (600) (900) 2 20 14 27 17 8 4 16 21 3.4
BSSP 0610 10 (650) (900) 2 20 14 27 23 11.5 4 16 21 3.4
BSSP 0812 8 12 (1400) (2000) 2 40 18 31 27 17 4 20 2.5 3.4
ナット形番 ねじ軸
イナーシャ

kgm²/mm
中空穴 ボールスプライン部
ナット寸法 許容
モーメント
(参考値)
基本定格
トルク
(参考値)
基本定格
荷重
(参考値)
ピン穴 長さ
Ls
外径
Ds
ナット
質量g
Ds
C0t

Nm
Ct

Nm
Cor

N
Cr

N
t b
BSSP 0606 9.99×10-10 2 1.2 1.5 27 12 14 (2.2) (1.2) (1.7) (1000) (650)
BSSP 0610 (2.4) (1.3) (1.9) (1200) (750)
BSSP 0812 31.6×10-10 3 1.5 2.0 30 15 22 (2.7) (2.8) (3.8) (1700) (1100)

中空穴はオプションです。ねじ軸の長さによっては適用できない場合があります。
特殊なナット形状をご要望の場合は、弊社までご照会ください。
基本定格荷重、基本定格トルク、許容モーメントは、有効負荷ボール個数から算出した理論値です。
使用条件により大きく変動しますので、ひとつの目安としてご利用ください。
本製品は、ラジアル荷重を受けるボールスプラインとアキシアル荷重を受けるボールねじの複合商品であるため、 理論的な寿命予測は困難です。実機でのご評価、あるいは、弊社での実験データを基に、使用可否を判断することをお勧めいたします。
本製品の可搬荷重の目安は10N(最大)と考えてください。

保管、取扱い、使用上の注意

取扱い上の注意

BSSPは精密部品のため、下記事項に従い慎重にお取り扱いをお願いします。

保管

保管される場合は、弊社オリジナルの梱包状態で保管してください。むやみに梱包を開いたり、内部包装を破いたりしないでください。ゴミの侵入・発錆の原因となり、機能の低下を引き起こすことがあります。また、80℃以上、-20℃以下の環境、及び湿度80%以上の多湿環境下での保管を避け、結露のない環境で水平に保管してください。

取扱い

分解は絶対にしないでください。ゴミの侵入及び精度の低下・事故の原因となります。
再組立は、誤組立によるボールねじ機能喪失の原因となりやすいため、お客様での再組立は行わないようにお願いいたします。弊社にご返却していただければ、有償にて修理再組立いたします。
BSSPの軸・ナットは自重で落下することがありますので、ケガにご注意ください。
BSSPを落下させると循環部品・軸の外径・ボール等にキズ、損傷等が発生することがあります。このような場合、回転不良などの機能喪失の原因となる場合があります。落下させた場合は、弊社によるチェックが必要です。必ずご返却願います。有償にて点検いたします。

使用上の注意

防塵

BSSPは、清浄な環境でご使用願います。防塵カバー等を併用し、BSSPへのゴミ、切り粉等の侵入を防止するようにしてください。防塵不良によるゴミ、切り粉等の侵入は、BSSPの機能低下や循環部品の損傷によりロックする場合があります。

潤滑

ご使用前に潤滑剤の状況をご確認ください。潤滑不良の場合、短期にBSSPの機能を喪失する原因となります。防錆油は潤滑剤ではありませんので、ご使用の際は、白灯油等で洗浄し防錆油を除去後、ご使用の潤滑剤(グリース又は潤滑油)を塗布してください。一般的な用途では、2~3ヶ月に1度、グリースの点検を行ってください。ご使用中にグリースが汚れてきた場合は、古いグリースを拭き取ったあとに給脂を行ってください。

許容回転数と許容アキシアル荷重

SSPはサイズや材質、取付方法等により軸方向荷重、回転数の制約を受けます。設計段階で、使用条件について弊社と十分な打ち合わせをお勧めいたします。

オーバーラン

ナットをオーバーランさせると、ボールの脱落・循環部品の損傷・ボール溝への圧痕発生などで、作動不良を起こすことがあります。また、その状態で継続して使用した場合、早期摩耗・循環部品の破損につながることもありますので、絶対にオーバーランさせないようにご注意願います。もしオーバーランさせた場合は、弊社に点検をお申し付けください。有償にて対応いたします。

使用温度

使用温度限界については、通常-20℃以上80℃以下、湿度80%以下として設計されています。これを超えるご使用の場合、以下の現象を引き起こすことが予想されます。 ・ BSSP循環機能の低下 ・ 循環部品の損傷、破損 ・ 熱処理部に対する硬度の低下 ・ BSSP各部品の腐食 なお、上記の環境を超えてご使用の場合、弊社へご照会ください。

偏荷重

ボールねじナットは、軸方向に推力を発生する機械要素であり、ラジアル荷重やモーメント荷重を受ける構造になっていません。ボールねじにラジアル荷重やモーメント荷重がボールねじに作用すると、ボール負荷の均一性が失われ寿命が著しく低下します。ボールねじナット部にラジアル荷重やモーメント荷重が負荷されないように配慮願います。

ミニチュアボールねじの専業メーカーケーエスエス株式会社

事業内容 精密ボールねじの設計・製造・販売
主要製品 精密ミニチュアボールねじ 精密送りねじ
モーター直結型ボールねじ 電動アクチュエーター等
所在地 本社 : 〒146-0093 東京都大田区矢口1-22-14
工場 : 〒947-0043 新潟県小千谷市大字山谷字新保4-14
代表 代表取締役社長 : 太田 貴久
URL http://www.kss-superdrive.co.jp/
テクニカルインフォメーション
各種製品の2次元・3次元CADデータの閲覧、動作シミュレーションなどをご利用頂けます。