MOTOR SPORTS PROMOTIONモータースポーツ振興

未来を担う若手ドライバーの支援を通じたモータースポーツ振興MOTOR SPORTS

ヒーハイストは、未来を担う若手ドライバーの支援を通じた
モータースポーツ振興を目的に、ドライバーの育成や挑戦をサポート・応援しています。

ヒーハイストは、1962年創業以来モータースポーツ向けエンジンパーツの製造に深く関わってまいりました。

0.1秒の速さを競うモータースポーツに提供するエンジンパーツは技術的要求が高く、その部品製造には独自のノウハウと高度な加工技術が要求されます。 モータースポーツの発展とともに変化する技術的要求に真摯に取り組んだことにより、一つひとつの高度な技術を確実に蓄積することができました。

この培った高度な技術と永年にわたるエンジンパーツの製造から学んだ「モノづくり精神」は 今日の独創的な製品を生みだす源となっています。

モータースポーツの発展とともに歩んできた当社は、「世界に通用するドライバーの育成」を掲げ、HONDAの若手ドライバー育成プログラムにに心より賛同し、「HONDA フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト」を応援いたします。

ヒーハイスト株式会社
代表取締役社長 尾崎 浩太

HONDAの人材育成

HONDAは世界のモータースポーツ界で活躍する有能な若手ドライバーの発掘・育成を目的として、「HONDAフォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(以下、HFDP)」を展開しています。

HFDPは各レースカテゴリーでのステップアップを体系化したHONDAの若手ドライバー育成プログラムであり、 成績優秀者へのスカラシップ授与と上位カテゴリーへの参戦サポートを行っています。

プロフェッショナルドライバーへの登竜門である「全日本F3選手権」や「FIA-F4」への サポートを通じて、これまで多くのドライバーを輩出してきました。 2020年もHFDPはFIA-F4シリーズに3人の若手ドライバーを出場させます。

FIA-F4とは?

モータースポーツには使用するマシン、競技の形態により様々なカテゴリーが存在します。 市販車両をモディファイして使用するツーリングカーレースや、競うことを目的に一切の無駄を省いて製作された フォーミュラカーレースなどが挙げられます。

自動車レースの世界で最高峰と言われるF1を頂点とするフォーミュラカーレースは、世界各国でシリーズが開催されており、使用するマシンの大きさや搭載しているエンジンの違い、エアロダイナミクスの違いなどによっていくつかのカテゴリーに細分化されています。

◎FIA-F4のマシンは、軽量なカーボンファイバー製のモノコックに、2000ccでハイパワーのエンジン、洗練されたエアロダイナミクスボディ、高い安全性を兼ね備えています。そのため、F1などの上級カテゴリーを目指す若いドライバーが高いドライビング技術を身につけるための十分な運動性能を備えており、ドライバーの教科書的なパッケージとなっています。

また、国内のシリーズでは全参加者が同一のマシンで競い合う、イコールコンディションが徹底されており、 ドライバーの運転技術の優劣も判断しやすくなっています。

以上の内容から、HONDAはFIA-F4を人材育成の登竜門に最適と判断し、レースに参戦しています。