HOME > 事業概要 > 基幹事業 > 超精密加工 > 試作から量産まで

試作から量産まで

自社の応用技術を活かした試作

当社では、レーシングカーや自動車、自動2輪、半導体、液晶関連など、数多くの試作を手掛けています。 なかでも、リニアボールブッシュ、円筒軸受、球面軸受に特化しており、これまでの加工ノウハウを活かした試作づくりが可能です。

また、当社が持つ加工ノウハウを応用し、機能性、駆動性、組立性など様々な条件に最適化すると共に工法提案を含めた試作づくりを得意としています。 今後は、試作づくりのみにとどまらず、試作の検証、評価データも提供できるよう準備を進めています。

高品質かつ低コスト生産を実現する生産体制

当社では、様々な条件や開発案件に応じた試作づくりを行うほか、試作から量産、2次加工、組立てまでを一貫して行うことが可能です。

試作の段階で、量産を視野に入れた試作づくりを行うことで量産時の生産効率の向上、トラブルの事前対応など、開発リードタイムの短縮にも貢献しています。

その他、必要に応じて、自社設計の自動機を導入し生産性の向上、品質管理の向上に役立てています。

(C) Copyright HEPHAIST SEIKO CO.,LTD. All rights reserved.