HOME > 製品情報 > 直動軸受(円筒)製品 > リニアボールブッシュ

リニアボールブッシュ

リニアボールブッシュ LMシリーズ

リニアボールブッシュ専門メーカーの高精度・高品質リニアモーションベアリング

ヒーハイスト精工では独創的発想による合理的な設計構造を持った外筒に樹脂製ソリッド構造の保持器、鋼球、止め輪を合理的に配置し、コンパクトで使いやすく、また高性能なリニアボールブッシュを製造しております。
世界で最初にリニアボールブッシュのミニチュアシリーズの量産を開始し、コンパクトで使いやすく高品質なヒーハイスト精工製リニアボールブッシュは、メカトロニクスシステムにとって高速化、小型化、省エネルギー化への欠かすことの出来ない重要な機械要素です。

 

特長

高精度
正確に加工された各構成部品が高精度を保証します。リニアボールブッシュの精度を保つ為にはベアリングとシャフトの隙間を適切に調整する必要があります。ヒーハイスト精工ではお客様のご希望の隙間を調整しシャフトと組合せでご提供することが可能です。

高性能
狭いスペースの中に設けられた4〜6条列のボール列が強靭な外筒に支えられて、各方面からの外力に抗してスムーズに動き、摺動抵抗の少ない省エネタイプのベアリングを形成しています。

低騒音
樹脂製の保持器により走行中の騒音が少なく低摩擦でスムーズなボール循環を約束します。

長寿命
各構成部品の適切な材質、焼き入れ精密加工された緻密なボール軌道、大きな定格荷重によって長寿命が期待できます。

高剛性
冷間鍛造による一体構造のフランジタイプを開発。フランジ部分を接合した形と異なり、高い剛性、加工精度、信頼性を保証。また使用にあたり耐衝撃性、耐振性に有効です。

リニアボールブッシュ各種

フランジなし   フランジ付き   ケース付き
標準タイプ 丸フランジ  
LM:標準型 LMF:丸形フランジ SH:ハウジング付
ストレートの円筒形で内接円径3mmから60mmまで幅広くラインナップされています。 冷間鍛造による一体構造で剛性が高く、また直接ボルトで固定可能なため組立工数の削減が可能です。 アルミ製ハウジングにリニアボールブッシュが組み込まれており高精度に加工されているので、直接フレームやテーブルに取り付けが可能です。
   
L:ロングタイプ LMF_L:丸形フランジロング 軽量化タイプ
標準型保持器が2列配置されており剛性が高くなっています。 冷間鍛造による一体構造で剛性が高く、また直接ボルトで固定可能なため組立工数の削減が可能です。
 
UTBシリーズ
製品設計と製造工程を見直し、エンドキャップを樹脂化することで製品の軽量化と低価格を実現した製品。標準タイプのみならず、スリムタイプなどバリエーションも豊富。
JFK-:角形フランジ
高強度プラスチックを採用し軽量化、組付性・コストバランスを両立したフランジタイプ。
JFK-L:角形フランジロング
JFK−形ロングタイプ。保持器が2列配置されており高剛性。
       
    角フランジ  
LME:標準型ヨーロッパ向け LMK:角形フランジ
ストレートの円筒形でミリサイズを使用。欧州で使用されているミリ寸法のため国内向けとは寸法の許容値が異なります。 冷間鍛造による一体構造で剛性が高く、丸フランジタイプより芯高さが低く取付可能なため装置の小型化が可能です。
       
開放タイプ      
OP:開放形 LMK_L:角形フランジロング
外筒の一部と保持器の一部を切り取ったオープン型です。

冷間鍛造による一体構造で剛性が高く、丸フランジタイプより芯高さが低く取付可能なため装置の小型化が可能です。

           
隙間調整タイプ   2面 カットフランジ シャフトフォルダ
AJ:調整形 LMH:ニ面カットフランジ
 
SS型
アルミ製シャフトホルダは手軽にシャフト固定
軸径8mmから50mmをラインナップ
SSF型
アルミ製シャフトホルダは手軽にシャフト固定
軸径10mmから50mmをラインナップ

外筒にスリ割を入れた内接円径が調整可能です。

冷間鍛造による一体構造で剛性が高く、角フランジタイプより芯高さが低く取付可能なため装置の小型化が可能です。

 

   
LMH_L:ニ面カットフランジロング
冷間鍛造による一体構造で剛性が高く、角フランジタイプより芯高さが低く取付可能なため装置の小型化が可能です。

 

(C) Copyright HEPHAIST SEIKO CO.,LTD. All rights reserved.